スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通販告知とアルバム総括~M3お疲れ様でした~

M3お疲れ様でした。

あ、どうもshun-zeiです。先日10月28日、TRCにて開催されたM3に参加させて頂きました。我々響色堂としては2回目のサークル参加。今回もとても楽しく過ごさせて頂きました!改めましてスペースに来てくださった皆様、CDお買い上げしてくださった皆様、協力してくださったすべての皆さま、M3運営のみなさま、そして近隣のサークルの皆様にお礼申し上げます。

皆様のおかげで多くの人と、音楽との出会いにあふれた素晴らしい1日となりました。本当にありがとうございました!


さてさて、今回のM3で頒布した新譜、「The Blue Back Theater」ですが残念ながら(?)少々売れ残りがでてしまいました。

そのため今回も個人通販を行いたいと思います。

料金は頒布価格:300円 + 送料(厚み1cm:80円 2cm:160円)
配送はクロネコヤマトメール便

購入を御希望の方は
kyosyokudou@gmail.com にメール
もしくはツイッターアカウント@kyosyokudouにダイレクトメールを(こっちの方が気づきやすいかも…)
希望CD枚数と送り先の郵便番号、住所を記入して御連絡ください。
確認次第、料金と振込先をメールにて連絡させていただきます。振込先についてはゆうちょ銀行の予定です。

・発送の際に頂いた個人情報に関してはCDを送ったのち破棄いたします。
・こちらの予定によっては場合によっては発送が遅れる場合もありますが、できる限り早くお届けしたいと思います。その点はご了承ください。
・梱包や商品に不備などがあった場合、代替品をお送りいたしますのでご連絡ください。





さてさて、折角今回世界観を練ったアルバムを作ったわけですしアルバムの総括といいますか、各曲の紹介だったり設定を垂れ流していこうかなと思います。

今回はもともとのストーリーの概要を僕shun-zeiが考え、それをtetoraがノベルという形で具現化、さらにそれを僕shun-zeiが歌詞に落としこんで具現化、みたいな感じで作りました。

とは言っても実際はskypeで2人で妄想垂れ流しながらあーでもないこーでもないみたいな感じに会議しつつ作ったので一概にそうとは言えないですけどねww

ストーリーとしては新社会人の主人公がひょんなことから(このへんはノベルを読んでくださいw)古びた映画館に入りこみ、その中で自分の過去の青春を思い出し、記憶の中の少女の姿を追い求めて行く。そんな形になっています(このへんもノベルを読んでくださいww要するにノベルを!読んで!ください!!)

まぁこのへんの世界観の細かい解説はtetora氏がまた詳細な記事を書いてくれるでしょうし、僕はとっとと楽曲の解説に移るとしましょう。


ではでは妄想垂れ流しタイムのスタートです♪



01 Dawn(opening call)

これはもともと前回のM3の後に衝動的に作ったインストでしたね。なので作ったのは結構前なのですが個人的にオシャレな感じに仕上がっていてお気に入りだったので今回のアルバムの1曲目にそのまま採用しました。

物語的には主人公が夜の海辺をさまよっているイメージです。また映画館のイメージを強くするために最後の部分をニコニコにあげた版と少し変えています。おかげでなかなかストーリーとのマッチ感が出たかな~と個人的には思っていますw


02 青色リフレイン

今回のアルバムのリードトラックです。物語を象徴する1曲ですね。全体的に明るいギターと跳ねるようなシンセを入れた可愛めのギターポップに仕上げようと心がけました、それに対して主人公の心情を反映するかのように歌詞はどことなく後ろ向きですよね。立ち止まってしまった主人公の気持ちを表せていたらいいなと思います。個人的には1トラック目とのつなぎがいい感じになってお気に入りですw


03 夏、疾走する少女

ニコニコにも投稿した夏、疾走する少女です。ニコニコに投稿した時すでに物語の大筋は考えてありました。本作唯一のシューゲイザー勢。切なさとノスタルジィの曲、物語のヒロインたる「夢見る少女」の初登場ですね。この時は主人公は「夢見る少女」をぼんやりとですが思い出すのです。

あとすっごい個人的な話なのですが本作をニコニコに投稿したことでミクゲイザー界隈の方々がちょいちょいスペースいらしてとてもうれしい反面、本作しかシューゲ入れてないことがちょっと申し訳なかったです。ごめんなさい王道ポップロック好きなんです。シューゲはシューゲで好きなのでまたシューゲも作りたいです。


04 パワーコードを掻き鳴らせ

タイトル通りパワーコードだけで作りましたwテーマは青春の「青臭さ」。中学生の文化祭で初心者バンドが初めてのオリジナル曲をやる、というようなイメージで作りました。下手糞だってもいいじゃん?だってそれが若さだもの。普段は馬鹿にされてる人間だってステージの上ではヒーローになれるのさ、さあリア充いじめっこたちに見せつけてやれ!みたいな感じです。そんな感じなので歌詞もリベリオンとはまた違うベクトルで厨二臭いですねww


05 Rebellion Bullet(arrange ver)

みなさん御存じリベリオンでございます。ザ☆厨二!!こんな過去を映画で見せられた主人公も頭を抱えていたことでしょうw他の曲に比べてびっくりするくらい歌詞が浮いてますねwまぁそんな青春もあるということで。

本作はゲストギタリストとして普段からお世話になっているちゆきP氏にゲストギタリストをお願いしまして、おかげさまで素晴らしいアレンジとなりました!この場を借りてお礼申し上げます、ありがとうございました。僕も全力でリズムギター録り直し、ミックスし直しました。ずいぶん前の曲なので当時のMIXがめちゃくちゃなことしてて楽しかったですw


06 Lost_You


ゲストコンポーザーとしていつもイラスト、動画、webデザなどをお願いしているtetora氏に1曲作って頂きました!ついにDTMもはじめたtetora氏ですが処女作にしてこのクオリティ…正直パネェっすわ…。
今作はtetora氏のあらゆる協力によって成り立っています。いや本当に、心の底から感謝申し上げます。

きっとこの曲の世界観に関してはまたtetora氏ががっつり記事を書いてくれる…と思いますよ多分。なのでここはパスで!


07 八月の蛍

個人的にめっちゃお気に入りの曲です。もともと大学の演劇サークルに弾き語り調で提供した曲なのですがお気に入りだったのでバンドアレンジして本作に入れました。ちょっとエレクトロニカ要素いれちゃったりストリングス入れてみたり、ボーカルのジェンダーファクターを曲中に変化させてみたり、編曲が1番楽しかった曲ですw

また「夢見る少女」の核心に触れる曲でもあります。歌詞や世界観にはめちゃくちゃ力を入れました。是非その辺意識して聴いていただけると嬉しいです。


08 さよならモラトリアム


アルバムのキーソングであり、アンサーソングです。大人になるってことはつまらないし、生きるってことは面倒くさい、そんなちょっと後ろ向きだけど、それでも最高に前向きな歌を作ろうと思って作った曲です。誰かの支えになるような曲になってくれるといいな…と思います。また本作はGollira Kneels Down on the Ground(通称;土下座ゴリラ)の皆さんのアレンジ協力なしにはできませんでした。このバンドで2日間でこの曲を仕上げ、そのままライブしたあの日、忘れません、君たちの修羅場力に、乾杯!


09 ガラクタボックス

本作のエピローグ的な曲です。「夢見る少女」はいなくとも、ちゃんと主人公は前を向いて歩けているようですね。物語を生みだした当人たる私もほっとしました。そんな曲です。皆様がこの物語を全部聴いて、読んで、温かい気持ちになってくれたらいいなと思います。








以上です最後まで読んでくださった方、僕の長々とした妄想に付き合ってくださりありがとうございました!最後に、本当にM3お疲れさまでした。すべての皆さまに謝辞を。


あ、今作のアルバムから今後数曲ニコニコ動画にも投稿する予定です。お楽しみに!


それではみなさん、またお会いしましょう!
スポンサーサイト
プロフィール

kyosyokudou

Author:kyosyokudou
響色堂ブログへようこそ!

コンテンツは随時追加中です。

最新記事
ついった連携
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。